鈴木清代のブログ12

幼児向けリトミック教育の面白いところは、子供が考えながら、体を動かすことを頑張るようになることです。

子供は、頑張って、音楽を理解しようとしながら、そのリズムに合わせて、体を動かす努力をします。

要するに、頭を使いながら、体も使うという結構大変な作業をすることにあります。

音楽に理解が進んだ子供は、音楽に対する集中力が高まりますし、運動能力が高まります。

あちこち行ったりしないのですが、終われば、疲れてスヤスヤ寝てしまうくらいの作業です。

お子さんへの英才教育としては、読み聞かせと共に、とても有効な方法と思います。

お父さん、お母さんは、子供を視野にいれておけるため、安心ですし。

繰り返しなりますが、お父さん、お母さんが楽できますし。

実際、見てるだけで大丈夫ですよ。

しつこかったですね。

ごめんなさい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鈴木清代のブログ11

次の記事

鈴木清代のブログ13